1. gf2160379656

    未分類

    カード会社がクレジットカードで収益を上げる方法

クレジットカードの仕組みの基礎はカード会社と消費者の信用

月に一度の締め切り日を設けてその間の利用分をまとめて所定の支払日に決済するのがクレジットカードです。つまり後払いという仕組みです。カードホルダーの実際の支払いは全額を一度に支払う事も可能ですし、分割払いやリボルビングのように繰り延べて支払う事も可能。このカードを手に入れるにはカード会社に一定の信用があると認められる必要があります。

後払いですから支払いまでは借金をすることになるのでそれを払える人と認定しない限りカード会社はクレジットカードを発行できない仕組みになっています。ですからクレジットカードを持ちたいと思ってカード会社に申し込んでも拒否されることがあります。

クレジットカード会社が利用者の代わりに料金を支払う仕組み

クレジットカードを利用して買い物した代金はカード会社がカードホルダーにかわって店に支払いを済ませています。カードホルダーはその代金を一ヶ月分まとめてカード会社に支払いますがその方法は金融期間の講座を利用した自動振替という仕組みが一般的に利用されています。

アメリカではその代金も小切手で支払います。クレジットカードの利用は、カード利用時にこの口座に利用分だけの残高があるかどうかは関係ありません。支払日に振替できるお金が口座に入っていればよいのです。こういう仕組みになっているためクレジットカードは将来の収入を見越して利用する事が可能なわけです。

クレジットカード加盟店が儲かる仕組みとは?

クレジットカード会社は多くの店と加盟店契約を結び、クレジットカードでの支払いを可能とします。もちろんこれは加盟店側のメリットが大きいことを意味しています。お店がクレジットカードの加盟店になるのは、販売促進の機能と金融の機能をクレジットカードに期待しているんですね。販売促進機能とは、簡単に言うとクレジットカードを利用した方が顧客の単価が上がるという事です。

クレジットカードを持つことができない消費者よりも経済的に溶融があり高額な買い物をしてしまうということです。それには大きく現金で払うよりもお金を払う感覚が薄れるという心理的な影響が大きく関係しているでしょう。2万円の支払いのときに現金で2万円を払うよりも、クレジットカードで支払いしたほうが2万円を払った感覚が少ないですからね。

また世に言う衝動買いもクレジットカードを使った場合の方が多いというデータも出ています。クレジットカードは何かをかいたいと思ったときに財布にある現金が足りなくても購入できます。また分割も可能で一度に全額支払わずにすむのもメリットです。

クレジットカードに加盟していないお店は不利に

クレジットカードの加盟店は、一人当たりの単価を上げる事ができるというメリットの他に、クレジットカードが使えないというだけで不利になることがあります。ほとんどのお店がクレジットカードでの支払いが可能なのでできないと逆にめずらしく、他の店に逃げてしまう可能性があるのです。今ではどのお店も加盟店になっていますからね。

加盟店はカード会社に対して手数料を支払わなければなりませんが、一人当たりの単価が上がっている事を考えれば十分に元をとれていると言えるでしょう。いずれにしてもクレジットカード会社の加盟店になるのは今となっては当たり前で他の店舗との差別化にはなりません。あって当然の機能となっているのです。

ショッピング用のクレジットカード、デビットカードの仕組み

日本ではあんまり使われていませんが、カードの利用ごとに代金の決済が行われるのがデビットカードと呼ばれるもの。デビットカードは即時払いという言い方もありますがこれは間違っています。クレジットカードは一ヶ月ごとの支払いに対して、デビットカードはその買い物ごとの支払いとなります。

カードの販売承認という観点からみると、クレジットカードはその与信枠に、デビットカードはそのユーザーの預金残高に関係が深いと言えます。どちらであっても利用額がその人の支払える範囲内であれば、カード決済が可能となるという点では共通しています。

ページ上部へ戻る